三井住友カードの一つであるリボスタイルの特徴を活かすためには?

リボスタイルはリボ手数料が安い部分は便利だけど、リボ払いで購入した分の金額を返済する期間がかかって大変だと思いませんか?

しかし、リボ払いを使い分けることで、リボ払いに掛かる手数料を抑えつつもポイントを貯めることができます!それはリボ払いの仕組みを知っておくことで、計画を持って三井住友カードのリボスタイルを使いこなせます!

三井住友カードのリボスタイルの特徴

三井住友カードのリボスタイルは特に現金がないときの緊急対応としての役割を果たせます。

年会費を支払う必要がない

三井住友カードのリボスタイルは年会費を支払う必要がないのは、リボ手数料が掛かるためだと考えられます。年会費はカードのサービスを維持するために必要な費用ですが、リボ手数料は年会費の代わりの役割をしているからです。

2種類の締切日と支払日が選べる

毎月15日が締切の来月の10日に支払う期間と毎月末締めの来月の26日に支払う期間があります。リボ払いを利用する社会人にとっては給料日に合わせて設定ができるため、計画性をもってリボ払いをするのに安心です。

対象店舗ならば選んでポイント還元ができる

常にポイント還元されている店舗はセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの大手コンビニとマクドナルドです。大手コンビニとセブンイレブンは通常の0.5%還元から2.5%と2倍ポイントが還元されます。

そのため、対象店舗のリボ払いはポイント還元を利用しやすいのが特徴です。また、コンビニやマクドナルド以外の対象店舗ならば、好きな方を3店舗選ぶことができます。対象店舗を3つ選ぶと通常の0.5%から1%へポイント還元がされるのです。

リボスタイルのリボ払いとは

リボスタイルのリボ払いは他のクレジットカードのリボ払いとは異なる部分があります。社会人である私たちにとっては、リボ払いを無駄使いしない仕組みになっています。

残高スライドリボルビング式

毎月の支払額は一定の金額に設定されているが、購入金額によって支払回数が複数回なほど、リボ手数料が掛かる仕組みです。締切日までにリボ払いした時の残高が10万円以上あった場合、それ以下になるまでリボ手数料が毎月1万以上支払うことになります。

リボ払いした時の残高が締切日までに10万円以下に収まっていれば、リボ手数料は5千円に収まります。返済する場合はリボ手数料と規定された返済額を合わせて一緒に支払うのです。

購入した分の金額は繰り上げ決済や規定された返済額で返せる

リボ払いした時の購入金額を一定の返済額で返済することができます。しかし、お金に余裕がある場合には繰り上げ決済を行えます。つまり、一定の返済額以上の金額で返済できるのです。

繰り上げ決済はリボ手数料が一定の返済額を返済する方法よりも安く済むのです。しかし、リボ手数料によるポイントの還元される機会が少なくなるので、検討しておく必要があります。

リボ払い以外の支払方法も選択できる

リボ払いの中でも、買い物後や買い物の会計時、一括払いで自動的に支払いできる方法があります。一括払いで自動的にリボ払いできる設定はリボスタイルの専門サイトで設定できるのです。

リボ払いを使い分けたい時は買い物時にリボ払い以外の支払い方法を伝えておくか、リボ払い以外の支払い方法を設定しておきます。

リボスタイルを低コストで済ませる方法

リボスタイルでリボ手数料と返済期間に対するコストを減らすためには、ポイント還元やキャンペーンの使う場面に気を付けることです。

経済的に余裕がない場合は規定された返済額で返済しよう

現状が経済的に余裕がない状況で高額なお買い物をする場合には、リボ払いで残高が10万円以内に収まるようにしましょう。食料や日用品はリボ払い以外の支払方法を選択して節約することに重点をおくといいです。

経済的に余裕がない状況はすぐに現金を払えないため、リボ払いで支払うことで一気に高額を支払う必要がなくなります。食料や日用品をリボ払い以外の支払方法を選択するのは、リボ手数料や支払う期間を長引かないようにするためです。

お金に余裕がある場合は繰り上げ返済しよう

現状お金に余裕がある場合は、リボ払いで購入した分の金額を繰り上げ決済で早めに返済しておくと、リボ手数料が掛からずに済みます。食料や日用品は、リボ払いでポイント還元される対象店舗を利用すると、コストを低めにポイントを貯めることができるのです。

高額のお買い物をする場合には、リボ払い以外の支払方法にすることで、リボ払い手数料や規定された返済額を毎月支払うことはありません。そのため、リボ払い手数料を省くことができるので、余計な支出を減らすことができます。

まとめ

  1. リボスタイルのリボ払いは手持ちに現金がない時に便利
  2. 残高スライドリボルビングは、多額な借金を抱えないように制限している仕組み
  3. 収入状況に応じて、リボ払いを選択しよう

以上で、リボスタイルで手数料と返済期間のコストを減らしつつも、効率的にポイント還元をアップするコツでした!リボスタイルのリボ払いを理解したら、リボ払いの使いどころがはっきりと見えるようになりました!今では低コストでポイントを貯められます!